文字の大きさ
  • ホーム
  • 交通アクセス
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 社会医療法人医真会


よくある質問 サービスを利用するには 認定区分について
ご利用者さま、ご紹介者さまの声 社会医療法人医真会グループ
ISO9001

よくある質問

サービスを利用するには

Q. 介護サービスを利用する為にはどうすればいいですか?
A. 介護認定を受ける必要があります。下記を参考に、市町村の窓口もしくは、お近くの地域包括支援センターにご相談ください。申請から介護度の判定までは、約30日かかります。 

介護サービスを利用するには次のような手続きになります。

  1. 認定申請
    介護サービスを受けようとするには介護や支援が必要と認定されなければなりません。その認定を受けるために市に認定の申請をしてください。
  2. 訪問調査
    認定申請をすると市の職員や市から委託を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)が認定を受けようとする人の居宅などを訪問して、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。
  3. 要介護認定
    介護認定審査会(保健、医療、福祉の専門家(5名)で構成されています。)で訪問調査の結果からのコンピュータ判定(一次判定)や主治医の意見書などをもとに、介護が必要な状態かどうか、必要な場合どれくらいの介護が必要か、を審査・判定します。
  4. 認定結果の通知
    介護認定審査会の審査・判定結果を受けて、市が通知をします。
    認定は要支援1・2、要介護1〜5と、介護保険での支援や介護が必要ではないとされた非該当(自立)があります。
    非該当(自立)となった場合は、介護保険でのサービスは受けられませんが、地域支援事業のサービスや高齢者福祉のサービスを受けられます。
  5. 介護(介護予防)サービス計画の作成と介護(介護予防)サービスの利用
    (1) 在宅サービスを利用される場合
    ・介護(介護予防)サービス計画の作成
     介護支援専門員(ケアマネジャー)や保健師等が本人の心身の状態や希望をもとに、介護(介護予防)サービス計画を作ります。また、一定期間ごとに計画の見直しも行います。
    ・介護(介護予防)サービスの利用
     計画にもとづいてサービスを利用します。原則として費用の一割を利用者にご負担頂きます。
    (2)施設サービスを利用される場合
     各施設のケアマネジャー(介護支援専門員)が本人の心身の状態や希望をもとに、サービス計画を作ります。
  6. 認定の更新と変更
    認定の有効期間は原則6カ月です。引き続きサービスを利用したい場合は、認定の有効期間満了前に更新申請をしてください。
    更新申請の手続きは、有効期間満了日の60日前から行えます。
    心身の状態が悪化したときなど介護の必要度に変化があった場合は、変更申請をしてください。
ご利用の手続き

認定区分について

Q. 介護の認定にはどのような区分がありますか?
A. 非該当に当たる自立から一番重度な要介護5まであります。目安としては下記をご参照下さい。
自立 介護を必要としない状態。
要支援1・2 日常生活を送る能力があるが、歩行や入浴などに一部介護が必要な状態。
要介護度1 立ち上がりや歩行が不安定で排泄や入浴などに一部または全介助を必要とする。
要介護度2 一人で立ち上がったり歩けないことが多く、排泄や入浴などに一部または全介助を必要とする。
要介護度3 一人で立ち上がったり歩けないことが多く、排泄や入浴などに全介助を必要とする。
要介護度4 日常生活を送る能力がかなり低下していて、入浴や着替えの全介助や食事の一部介助を必要とする。
要介護度5 生活全般にわたって全面的な介助が必要。意志の伝達がほとんどできない状態。
 
top